【新弟子紹介】

皆さまいつもありがとうございます、三雲亭便三でございます。

さて、今回は昨年末より入門致しました弟子を紹介させて頂きたいと存じます。
名づけて
三雲亭尿漏(ニョウロウ)
ニョウロウでございます。中国語だと牛肉という意味になるそうです。
意味が分かりません。

彼は女性のおしっこ我慢やお漏らしが大好物ということで当会に入門の運びとなりました。
まだ20代前半と若いのですが、欲しいおしっこビデオや同人作品に惜しげもなくお金を注ぎ込み家賃を払えなくなった経験があるという、なかなか見どころのある変態です。
尿漏より、ご挨拶をば…。

ご紹介頂きました三雲亭尿漏(にょうろう)です。ニョロ。

当方おしっこフェチ、いやお漏らしフェチといったほうがいいかもしれません。
尊厳を守るべく必死に我慢を重ねたけれども、健闘むなしく失禁してしまう、女の子のそんな姿を嗜好しております。特に漏らして泣いちゃう女の子など最高の極みです。泣いてる女の子はかわいい。悪い女や気の強い女が泣いてるともっとかわいいですね。

さて私、もともと二次元が主食です。
この一門会を知ったのも二次元プロジェクトからでありました。特に第6弾『クイーンビーの悲哀』など本当にめちゃシコのですので、まだの方は絶対に見た方がいいと思います。絶対だぞ。

https://ichimonkai.booth.pm/items/937235

その頃から一門会に対しては「こいつらわかってんな(何様)」という印象をもっていました。販売されているビデオを見て、ますますその認識は強まっていきました。そして有難いことに、今こうして一門会の一員としてあいさつさせて頂いている次第であります。

わたくし尿漏、1日でも早く皆様のお力になれるよう日々進歩していく所存ですので、どうか生暖かく見守って頂けると幸いです。どうぞ、宜しくお願い致します。

皆様のお役に立てるようにしっかり育てたいと考えておりますので、尿漏を何卒よろしくお願い致します。

______________________

さて、実は一門会今年でなんと創立10周年という節目でございます。
10年も続いたらもう少しまともな所になっているかと思いきや、一門会は誰が言ったか「うらぶれたぼっとん便所」のままであり、ずっとうらぶり、朽ち果て続けております。

うらぶれる=落ちぶれてみじめなありさま。みすぼらしい。

ここまで来られたのも、同志の皆様のおかげです。ありがたいことに、浮浪者のような生活をしていた私もこの10年で屋根のある所で寝られるようになりました。
一門会の家計が苦しいだろうとなんとご寄付をくださる同志様もいらっしゃったり、ずっと会員でいてくださったり、常に作品を購入し続けてくれていたり、励みになるレビューを書いてくださる同志様や、メールで心温まる励ましをお寄せくださる同志様や、スタジオに叱咤激励にお越しくださる同志様もいらっしゃったりと、冗談ではなく「生きて来て良かった」と感じる次第でございます。やはり、人様のお役に立てていることが私の大きな支えとなっておりますゆえ、本当にありがたいことです。

また、弟子という名の仲間も増え、皆で切磋琢磨出来ていることもかつてなかったことでございまして、これ本当にありがたいことであると感じている次第です。

最近考えることは「恩返し出来ているのだろうか」です。ここのところ、どうも出来ていない気がしていて、毎日自問自答しております。
もっと何か出来ないだろうか、当然作品をもっと良くする、弟子を育てる、ということもそうなのですが、他に何か出来ないだろうか…!
そこで思いつきました。悩み相談です。

かつて全返信を謳っていたメールで、今私が直接返信をしているのは深刻なレベルの悩みのある同志様のメールになります。
当会弟子のポッターも、最初は「死にたい()」というメールを寄越していたのです。「()」というのは、そのカッコの中から、「死にたい(助けてくれ)」という声が聞こえてきた気がしたのです。

そういうメールをお寄せ頂くことは時々ありましたし、私自身も悩んでいました。
この癖の同志様は繊細で傷つきやすい方が多いと感じています。これつまり、「生きにくさ」に繋がるのではないかと感じます。
誰に相談できるでもなく、心の中に悶々とした悩みを抱え、いつしかその悩みが大きく己自身を押しつぶさんとしてくる。そんな状況の方もいらっしゃるのではないかと感じます。
ネットで不特定多数に発信しても心無い言葉で煽られ、さらに傷つきます。どうしたら良いのか分からず苦しい日々が続き、いつしか死を意識する…。死ぬ、とまではいかずとも、早く死ねたらなどと夢想する…。そんなことってあるのではないでしょうか。

そんな時は私に相談してみてください。生きやすくなれるよう、一緒に考えさせてください。
20年、女性のうんこしっこ屁を撮って来ました。それしか出来ません。なんという役に立たないスキルでしょう!
最早潰しが効きません。そんなスキルしか持っていない私ですが、その分、寛容でありたいと考えています。

今の世の中、生きていくことが本当に大変だと感じます。SNSが普及した結果、マウンティングという言葉に表されるような「人よりも幸せで優れた自分」のひけらかし合いで、幸せの本質からは遠ざかっている気がしてなりません。何が起きても「自己責任」という言葉で切り捨て、弱者や、争いに敗れた者には手を差し伸べる余裕の無い人間が増えた気がします。しかしそれも、皆自分が振り落とされないよう、置いていかれないように必死であるが為なのかなと感じます。それでは、人を助ける余裕など生まれません。
信じられないことに性的嗜好のマウンティングまであるんです。
我々は無視され排除される存在です。馬鹿馬鹿しいことこの上ありません!

この嗜好の同志様たちは恐らく「自分が人とは違う」と感じており、劣等感を感じられているというか、悩んで来た方が多い気がします。お寄せいただくメールはそういうお話が多いのですね。ただその分、人の痛みが分かる優しい方が多い気がいたします。傷ついて来たからこそ優しい。そういう優しい人間は、この時代、生きづらいですよね。

そういったお悩みに向き合うのはとてもパワーがいります。また、私はメールを書くのに時間がかかります。心を込めて書いていますので、大体2,3時間~1日かかることもままあります。ですので有料とさせて頂ければと考えております。
有料なので、その分、「お金を払ってんだからしっかり答えろよ」というスタンスを取って頂けると存じます。
私もしっかり向き合う時間を作れます。

糞メーカーの落ちこぼれAV監督風情が金を取ろうなんて、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。私自身も恐れ多いと思うのです。ですがニーズはある気がします。今でもそういう悩みをパラパラ頂くからです。
相手は私です、どうぞ遠慮せず見下して頂き、どんな悩みでもぶつけてください。ご自身の性癖なんかの悩みが、気楽にできる相手って欲しかったりしませんか?
名づけて「便三ケア」、悩みがある方もそうでない方もどうぞご利用ください。あと、こんな感じだったら利用してやってもいい、というようなご意見も賜れると大変ありがたいです。

という訳で準備が出来次第ご報告させて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。
いつもありがとうございます!

三雲亭便三



コメントは受け付けていません