公式配信サイトにて【特典ディスク1タイトル並びに、チャプター販売対応作品3タイトル追加!】販売開始しました!

同志の皆様、いつもありがとうございます。

三雲亭ポッターです。

最近はコロナウイルスが猛威を奮っておりますが、、、汗

ユーザー様方も、うがい手洗いは徹底されますようご注意下さいませm(__)m

私のようなうんこを扱うものが言える立場にないのですがねww

 

それでは、商品説明に移りたいと思います。

今回の特典ディスクは1タイトル追加となります。

↓↓↓↓今回の追加タイトルはコチラ↓↓↓↓

写真撮影の最中にお漏らし

本当に良い素材の子です。美人であり、恥じらいがあり、そして、ムチムチした肉体。
「写真撮影のモデルが、トイレに行きたいと言い出せずお漏らしをしてしまう」という内容です。「休憩したい」とは言うのですが、させて貰えず、体育座りの姿勢でついに…。
本当に焦り、恥じらいが伝わってくる、実に良いお漏らしです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

今回のチャプター販売対応作品は5タイトル追加となります。

↓↓↓↓今回の追加タイトルはコチラ↓↓↓↓

シチュエーション・おもらし うんこ編

排泄をコントロール出来なくて、衣服を汚してしまうという大失態。しかも大便である。大人の女にとってこれ以上恥ずかしいことはないだろう。本作は羞恥感たっぷりのうんこおもらしを堪能出来る一作となっている。6つのシチュエーションで綴られた、うんこ漏らしドラマ。「教師編①②」では、教頭に指導されている女教師が、なんとか休憩を取らして貰おうとするが休ませて貰えずに。「スイミング・スクール」編では、水着の女がトイレ待ちの最中、限界を迎え直立状態で下痢便を。「追試編」では、トイレに行きたいと言えなかったJKが椅子に座ったまま。「閉じ込め編」では、ロッカールームから出られなくなったOLが後輩の目の前で。「強盗に縛られて編」では何故か縛られているOLが横たわったまま、拘束を解けずにもじもじ。屁が連続で漏れ出たと思ったらついに大便と小便を漏らしてしまう。フェティッシュに、じっくりと、見たい所が観られるアングルで、うんこおもらしをご堪能ください。6名。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

自画撮りおしっこ全力我慢!!番外編18 時間延長トラップ発動!完全版

4台の無人カメラの前で女達にひたすらにおしっこを我慢して貰い、時間が来たら放尿して良いというルールを設け彼女達の行動を観察するドキュメンタリーの鬼畜バージョン第18弾。スタート時点でかなり尿意をもよおしているがタイマーが鳴るまでおしっこを我慢しなくてはならない。しかもタイマーが鳴った後さらにもう一つのタイマーが登場し(+16分)それが鳴るまでは我慢という鬼畜仕様。ひたすら我慢を続けながら、オシッコについてのエピソードを語り、指で押さえ足や腰をくねくね、バタバタさせ必死に尿意に耐える。タイマーが鳴り安心したのもつかの間、箱を開けて愕然とする女達。呪詛を吐きながらもをおしっこを我慢するのだが…。放尿時2アングル&3アングル編集。耐えた子は尿計量有り。膀胱の膨らみなども計測。今作お漏らし2名。限界放尿5名。同志A様とのメールの中で生まれ皆様のご意見でどんどん進化を続ける当シリーズ。個性あるおしっこ我慢姿の強烈なフェチを感じて欲しい。7名。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

おならバイノーラル

立体音響とは、音を録音再生する際に3次元的な音の方向や距離、拡がりなどを再生する方式。3次元音響、3Dオーディオなどともいわれており、ヘッドホンやイヤホンなどで聞くと、まるで耳の側に存在するかのような臨場感ある音響を楽しむことが出来る。本作は「女性のささやき」と「おなら」をそんな立体音響で録音した作品だ。
暗闇に浮かび上がり、いけない屁遊びに没頭する女尻。艶めかしく尻が左右に動いたかと思いきや屁が噴き出し、それが立体音響で迫りくる。尻、尻、尻。尻への没入感をお楽しみください。

女性のおならを愛する、レズビアン監督、三雲亭便歌が、心を込めて編集しました。
女性ならではの繊細な編集で、立体音響をお届け。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

僭越ながら、わたくしポッターの個人的な感想とおすすめポイントを述べさせて頂きます。

 

「写真撮影の最中にお漏らし」

婦人服の通販サイト用の撮影でしょうかねぇ。

撮影中に催してしまい、笑顔がうまく作れなくなってしまったモデルさん。

言葉を選びつつ、席を外すチャンスを伺うも、、、

中々諸事情により休憩を挟んでもらえません(泣)

カメラマンが必死に盛り上げるも、お姉さんの膀胱はすでに限界を越えた域に達してしまっている模様(汗)

半泣きになりながら幾度となく休憩を試みるも聞き入れてもらえません。

その時!!

突然周りをキョロキョロしだすとほぼ同時に「タラッ、、、チョロ、、、タラッ」

!?

瞬く間にスカートをシミが侵食していきます。

立ち上がった際も、自身の尿が雫となって卑猥に垂れ落ちるのです。

後始末にて、おしっこに汚されスケパン状態となった下着越しに、ムッチムチのお尻がエロティックに映えます。

とても美味しい画が詰まった一本です。

 

 

「シチュエーション・おもらし うんこ編」

2人目 スイミングスクール編

水泳教室の途中に催してしまい、トイレへと駆け込んだ模様。

しかし、先客がいて中々出てこず、モジモジタイム突入(苦)

苦悶の表情を浮かべながら、お腹を擦っては足踏みを続けます。

その動きが突如として途絶えます。

代わりに・・・

「ネリッ、、、ニチッ、、、ブリュ、ブリュ、ブリュ、、、ブボォッ!!」

パンツの膨らみと共に、首筋には動脈が浮かび上がり、悶絶しながらも必死に抵抗を示す様子が如実に伝わってきます、、、汗

その様子が下アングルより、リアルに収めされています。

結局自然の摂理には抗えず、静寂の中、お腹が鳴る音だけが虚しくも無情に響くのです。

ようやく個室が空くのですが、スク水のため全部脱ぐんですよね。(此の画もまた美味しい!!)

こんもりとした粗祖をまじまじと見ながら後悔の念に駆られているのでしょうか。

その後、綺麗に秘部を拭き清めて着座し、残りの残便を放り出します。

便と一緒に、心の傷まで洗い流すことは流石に出来なかったよですね(悲)

いろんなフェチ要素が詰まった本作です。

 

 

「自画撮りおしっこ全力我慢!!番外編18 時間延長トラップ発動!完全版」

7人目 ヤスハ嬢。OL事務系。

ぽっちゃり美人のヤスハお姉さんは、物腰柔らかそうな雰囲気で万人受けしそうな娘です。

我慢は多少モジモジするものの、そこまでといった具合でまだまだ行けそうな感じを匂わせます。

しかしながら、流石に2段トラップにかかった辺りから雲行きが怪しくなります。

苦しさが、如実に態度へ出るようになると同時に、口から弱気な発言も。

しゃがんでいても立っていても、ジッとしていられなくなります。

さらにその後、手を使って秘部をちねり上げる場面もチラホラ、、、。

最初の印象からは大分ほど遠い、野性味溢れる姿へと変貌を遂げていきます。

そうこうしているうちに漸く、我慢終了のアラームが鳴ります。

指定された位置につくなりタッパ目掛けて、ウォーターマシンガンのように勢いあるおしっこが炸裂するのです。

その量たるや、、、!!!

な、な、なんと!!!

1リットル超え!!!(拍手)

記念すべきネ申回を、是非ともお楽しみ下さい。

 

 

「おならバイノーラル」

1人目 マサミ嬢

亜麻色のロングヘアーが似合う、目鼻立ちの整った色白美人。

暗闇に浮かび上がるキレイな桃尻という官能的なシチュエーションから始まります。

マサミ嬢が甘い声で囁くため、誘惑されているかのように感じてしまいます。

立体音響のため、よりモデルさんを近くに感じられることでしょう、、、

そんなマサミお姉さんの甘い声からは遠くかけ離れた、あまりにも下品なおならが響き渡ります。

透かしに破裂音、並びに高音や重低音といった具合に、様々なバラエティーに富んだおならを披露してくれます。

その他にも、水っぽいモノだったり、チビッたような音だったりと、、、(恥)

色っぽい吐息と相まって、より臨場感が味わえるかと思います。

その上、感情を刺激するような淫らな言葉で煽ってくるのです。

もう、興奮間違いなしのやつです。

おならをしながらイッてしまうという設定なのですが、最後の一発を聞くためだけに購入するだけの価値が十分にある程、素晴らしいフィニッシュを遂げています。

目には見えませんでしたが、きっと、、、あらぬものまで噴射されてしまってますね(萌)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

既にお気づきの同志様もいらっしゃるかもしれませんが、botと化していた一門会ツイッターに新たな動きが!?
尿漏君と、なんと、ともか嬢が色々初めてくれました!
是非チェックしてみてくださいね。
ツイッター


一門会公式配信サイトでは、他にも「4K動画」「縦撮り動画」「VR視聴対応動画」など、
様々な限定コンテンツがお求めいただけます!
一門会作品をお求めの際は、ぜひ一門会公式配信サイトをご利用ください!


900点以上のコンテンツが見放題になる「月額会員」も合わせてご利用ください。

月額会員について詳しくはこちらをご覧ください

いつもありがとうございます!
三雲亭ポッター



コメントは受け付けていません